スポンサー

ネイマールには2011年、年間2400万レアル(約9億6000万円)のスポンサー収入が入るようになった。しかしサントスの月給は16万レアル(約640万円)とこのレベルの選手としては格安だった。サッカーグッズを提供しているナイキとは2022年まで、ネイマールが30歳になるまでの長期契約を結んでいる。ちなみに巨額のスポンサーマネーを得たネイマールは2011年に400万レアル(約1億6000万円)でサンパウロ州グアルジャ市の海外沿いに豪邸を、1500万レアル(約6億円)で豪華ヨットを購入した。

ほかにもエナジーードリンクのレッドブル、電化製品のパナソニック、炭酸飲料グアラナ、ビールのアンタルチカ、サンタンデール銀行、携帯のクラーロ、自動車のフォルクスワーゲンなどがスポンサーしており、さらに数え切れない企業がスポンサーを希望している。しかしそのほとんどをコンセプトの違いなどから断っているという。あまりにもスポンサーを希望する企業が多いためサントスはネイマールのためだけに肖像権を扱う特別部署を設置した。また、まだ若いネイマールを気遣って、マネージャーの父が彼のお金を管理しているという。

「ネイマールが新しい車が欲しいってうるさいからU20南米選手権で得点王になって、決勝で2ゴール決めたらポルシェを買ってあげるって約束したんだ。無理だと思ってたんだけど、彼が決勝のウルグアイ戦で2ゴール目を決めたときには、私をあざ笑うかのように喜んでたよ」。(ネイマールの父)

ネイマールがこの試合でゴールを決めた後に、カメラに向かってハンドルを回す仕草をしたのはこのためだ。

2013年にはブラジルの下着ブランド「Lupo」と契約。ジーンズなどズボンを扱う「Rock & Soda Jeans」とも提携し、文字通り全身にスポンサーが付いている状態だ。さらに2014年には日本の寝具メーカー「東京西川」ともサポート契約を締結し、日本にも来日している。

img-destaque-njr

関連記事