「これが今季最高のバルサ!」=PSG戦についてネイマール

この記事は 約2 分で読めます。

barce

先日のパリ・サンジェルマン戦で2ゴールを挙げたネイマールがメディアのインタビューに応じ、絶好調のFCバルセロナについてコメントした。

スポンサーリンク

現在のバルサはメッシを中心にネイマール、ルイス・スアレスの攻撃トリオが理想に限りなく近い役割をこなしている。メッシがゴールを決められない試合では必ずと言っていいほどネイマールかスアレスのどちらかが仕事を果たし、毎試合三人の誰かが主役になるといったお互いをカバーし合う形ができあがりつつある。

パリ・サンジェルマン戦で主役となったネイマールは、「これが今季最高のバルサだと思う。僕らはものすごい瞬間を生きている。チャンピオンズリーグもリーガエスパニョーラでも、全てがそうだ。あとはこのまま自分たちの目標を達成するために継続していくだけだ」と絶好調の手ごたえを伝えた。

試合で挙げたゴールについては、「最初のゴールはイニエスタが全てやってくれた。僕はただGKを抜いてシュートをすればいいだけだった。ただ、ゴールを決めてチームを助けたかったんだ」としたうえで、「パリ(アウェイ)でやった同じプレーをしただけ。走ってマークをしただけ。とてもいい試合ができたし、大会(チャンピオンズリーグ)でも一歩前進することができた」と感想を述べた。

ネイマール、メッシ、スアレスの3人はまもなく歴史的快挙を成し遂げようとしている。現在今季の3人の合計ゴール数は95。あと6ゴールを挙げれば、クラブ史上最強の攻撃陣となるのだ。これまでのバルサでの最強の攻撃陣は2008-2009年シーズンのメッシ、エトー、ティエリ・アンリの3人で合計ゴール数は100ゴール(メッシ38、エトー36、アンリ26)。残りの試合数を考えれば今の3人なら記録更新も時間の問題だろう。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
クラブ
ネイマール・ファンサイト