ネイマール、リオ五輪への出場意欲明かす

neigorin

ネイマールは先日、リオ五輪実行委員会のインタビューに応じ、同大会への出場の意欲を表明した。



スポンサーリンク


ネイマールはインタビューで、「リオ五輪代表のメンバーの一員になれるといい。ホームでプレーして、ブラジル国民のためにタイトルを獲りたい。もし(決勝の舞台)マラカナンスタジアムで勝てたら最高で、忘れられない出来事になる。そのために僕らは必ずベストを尽くすよ」と発言した。

ブラジルは前回のロンドン五輪で決勝でメキシコに敗れており、サッカー王国ながらいまだ一度も同種目で金メダルを獲ったことがない。それについては、「(前回の敗北で)学ぶことが多かった。ブラジルがこれまで一度もサッカーで金メダルを獲っていないのはまだ時が熟していないからだ」とコメントした。

また、五輪への思いについては、「ブラジル代表のユニフォームを着ることについてはコメントしようがない。いつだって自分にすばらしい思い出を作ってくれる。初めて参加したロンドン五輪も素晴らしい大会だった。これからも一生忘れることはないと思う」としたうえで、「自分の国で五輪でプレーするのを想像したりするけど、リオ五輪に出場することは夢の実現。これまでコンフェデレーションズカップ、ワールドカップとブラジルで出場したからあと足りないのは五輪だけだよ。出場できたら本当に幸せだ」と語った。

また、ネイマールはサッカー以外で好きな選手を聞かれると、陸上の「ウサイン・ボルト」を挙げている。ネイマールは昔からボルトのファンであることを公言しており、サントス時代にはゴールを決めた後にボルトポーズを披露したこともある。

「ボルトの試合を生で見てみたい。僕は彼のファンだから。あとはブラジルのバレー、バスケ、水泳、柔道も見たいな」。