ブラジルにネイマールをパクりまくってる選手がいる

junior2

ブラジルにネイマールに似たややこしい選手が頭角を現している。その選手とは上の写真の選手だ。一見、ネイマールと外見は全く似ていない。ではなにがそんなにかぶっているのか?



スポンサーリンク


昔からブラジルには名前が似た選手が多く存在した。ロナウド、リバウド、リカルド、エルナネス、エルナンデル、フェルナンドなどなど挙げれば切りはない。いずれにしろ今の時代ならネイマール・ジュニオル(あるいはジュニオール)と聞けば、サッカーファンなら誰もがFCバルセロナのネイマールを思い浮かべるだろう。ではジュニオル・ネイマールといったらどうだろうか? やっぱり多くの人は苗字と名前がひっくり返っただけだと思ってバルサのネイマールを思い浮かべるに違いない。しかしその名前こそが上の写真の選手の名前なのだ。

ジュニオル・ネイマールはブラジルのアマゾナス州リーグ・セリエBで得点王になり、来季から同州リーグ・セリエAのペニャロールに移籍することが決まっている20歳の将来有望な選手。本名はジョゼ・アウグストでジュニオル・ネイマールは彼の登録名だ。往年の名選手たちがそうだったようにブラジルではニックネームで試合に出場することは当たり前で、メディアももちろん彼のことを本名ではなくジュニオル・ネイマールと呼ぶ。アマゾナス州で得点王になり、名前が売れたことで今同州でネイマールといえばむしろジョゼ・アウグストのことを思い浮かべる人のほうが多い可能性もある。

もちろん名前の由来はブラジル代表のネイマールである。それにしても 登録名に「ネイマール」の名前を使うことに対し、後ろめたさはなかったのだろうか。もしジュニオル・ネイマールがブラジル代表に選ばれたら、それこそ世界のサッカーファンは誰が誰だが分からなくなるなんてことにはならないだろうか。ちなみにペニャロール以外でもジュニオル・ネイマールには国内のみならず、韓国からもオファーがあったという。