ネイマールがバルサの練習に遅刻 罰金額がやばい

chikokou

オーストリア戦を終えて、スペインに帰国したネイマールが休み明け早々問題を起こしてしまった。練習に遅刻したのだ。

スポンサーサイト

今季絶好調の男も今年最後の代表戦を終えて気が抜けたのか、この日クラブでの練習に15分遅刻。猛スピードで駐車場に入り、車から降りてくるネイマールをメディアのカメラはしっかりと捕らえていた。

ネイマールは練習場に着くなり、更衣室に直行。チームのスタッフはネイマールを見ると、腕時計を指し、「遅刻だぞ」と冗談交じりに注意した。報道によると、この後、ネイマールはクラブから罰金を課せられる可能性が高い。というのもバルサは選手たちに厳しい規律を求めており、以前ネイマールが試合中にベンチからウォーミングアップをしている最中、観客席のファンにサインをしただけで罰金を下したこともある。

ちなみにルイス・エンリケ監督はバルセロナのBチームを率いていた際に1分の遅刻に対して100ユーロ(約1万4600円)の罰金を課していたことで知られており、今回も同様、あるいはそれ以上の処罰がネイマールにも適応されることが考えられる。となると最低でも15分遅れただけで1500ユーロ(約22万円)である。バルサの選手も決しておちおちしていられないのだ。