ネイマール、日本ドキュメンタリー最終回はお台場新大陸

odaiba

ネイマールは18日、自身のユーチューブチャンネルにて、最新ドキュメンタリーシリーズ「26 HORAS NO JAPÃO  日本での26時間」の最終回を公開した。今回の舞台はお台場新大陸だ。



スポンサーリンク


「26 HORAS NO JAPÃO  日本での26時間」は全6回に渡り公開され、今回が最後となる。ネイマールはユーチューブに「最後のエピソードだよ。僕が一番気に入ったやつだ」とコメントしており、このときが日本での一番の良き思い出だったようだ。動画はネイマールがフジテレビのスタジオを出て、お台場に到着するところからスタート。通路では番組スタッフにまでサインをし、イベント会場に着くとすぐ様ファンたちにも握手やサインで応えた。舞台上では女の子の質問に答えたり、少年のリフティングに拍手を送ったりと最後まで気遣いを忘れなかった。イベント後には空港に直行。怒涛の26時間は文字通り息つく暇もなく過ぎて行ったに違いない。ちなみにネイマールは日本からスペインへ向けて帰国した際にフェースブックに「ありがとう日本、最高だったよ」とコメントを残している。

次にネイマールが日本を訪れるのは一体いつになるのだろうか。五輪後かもしれないし、ロシアワールドカップ後になるかもしれない。いずれにしろ「次」があることを大いに期待しよう。

ではここで同シリーズを第一回から順番に振り返ってみよう。

第1回空港にて

第2回バイキング

第3回ビストロスマップ

第4回東京西川

第5回カズとの対面

第6回お台場新大陸

ネイマール来日に関する記事