サッカー・リオ五輪代表監督、ネイマール招集を明言

alexandre

リオデジャネイロ五輪サッカーブラジル代表のアレシャンドレ・ガロ監督がネイマールを召集することを約束した。ブラジルの複数メディアが報じた。

スポンサーサイト

アレシャンドレ・ガロ監督は、メディアのインタビューに対し、「メッシやクリスティアーノ・ロナウドに並ぶクラッキ(名選手)であるネイマールを五輪メンバーから外すなんてナンセンスだ」としたうえで、「もし今メンバーを召集するとしたら、三人のオーバーエイジ枠、いや、二人は使うだろう。そのうちの一人はネイマールだ。彼のような選手抜きでサッカーを語ることはできない」とネイマールの召集を確約した。

残りの二人については、「(オーバーエイジ枠で)一部のポジションを強化させるコンセプトを持っていたが、コンセプトとはそもそも壊すもの。今名前を挙げるのは難しい」と、ネイマール以外は未定であるとした。

また、GKにオーバーエイジ枠を使う可能性もあるとして、「もし23歳以下の選手で高いパフォーマンスを見せている選手がいなければ、GKを召集することも考える。GKにとっては試合に出ていることがとても重要だからだ」と指摘した。ちなみに現在の五輪代表の正GKはエデルソン(リオ・アヴェFC所属、21歳)だが、昨季はわずか1試合にしか出場していない。試合結果を左右するポジションだけに、試合感がないと致命的なミスを犯す恐れがあるために、ベテランの起用も十分にありそうだ。

また、アレシャンドレ・ガロ監督は、11月の合宿に向け、Jリーグの柏レイソルでプレーするエドゥアルドをリストアップ。ブラジルでは全くの無名の選手だけにサプライズ召集となった。