ネイマールがグラナダ戦でハットトリック

hat

FCバルセロナは27日、ホームのカンポヌウでグラナダと対戦し、6対0で圧勝した。

スポンサーサイト

この日はネイマールとメッシのコンビが爆発した。ネイマールは前半25分、相手DFのパスミスを拾うとペナルティーエリア内までドリブル。フェイントをかけながら放ったシュートはディフェンダーの足に当たり、GKの頭上を越えてネットを揺らした。

同43分にはメッシが右サイドからドリブルでしかけ相手DF二人を交わしてセンタリング。これをイヴァン・ラキティッチが頭で合わせて加点した。さらに前半終了間際にはネイマールが再びゴール前のこぼれ球を拾い、ゴール右隅にシュートを決めた。前半は3対0で終了。

後半に入ってもバルサの勢いは止まらず。同16分にはシャビがダニアウ・アウヴェスに浮き球のパス。これをダニアウ・アウヴェスがダイレクトで中央に送ると、最後はメッシが頭で押し込んだ。同21分には左サイドに抜けたメッシがゴール前のネイマールにパス。これをネイマールが一度トラップしてから冷静に3人のディフェンスの間を狙いをすましてシュート。これが決まりハットトリックを達成した。バルサは同36分にもメッシが相手DFのミスを突いてチーム6点目をマークし、グラナダに力の差を見せ付けた。