2014/06/16

4年前に始まったネイマールのゴールの歴史

253899-400x600-1

2009年、3月15日、サントスはサンパウロ州選手権でモジ・ミリンと対戦した。この試合の主役は37歳の大ベテランMFジオバーニが務めるはずだった。試合前にサポーターはこの年齢でピッチに立ち続ける彼に敬意を示し、拍手を贈った。



スポンサーリンク


しかし試合が始まると、主役の座を奪ったのはネイマールやガンソといった若手選手たちだった。サントスはモジ・ミリンを3対0で撃破。3点目はまだ17歳だったネイマールのゴールだ。このゴールがネイマールのプロ初ゴールである。この日から彼の輝かしいゴールの歴史が始まったのだ。

試合後少年は、この日主役になるはずだったベテランの元に駆けていった。そしてこの日若手の影に隠れてしまったジオバーニを労わるかのように挨拶をした。「どうしても彼にハグをしたかった」。あの日、観客はサントスのチーム内で世代交代が起きた瞬間を目撃した。あれから4年経った今サントスに残っているのはネイマールとFワールドのアンドレの2選手のみである。