ネイマールがブラジル代表のキャプテンに

この記事は 約2 分で読めます。

neycap

6日に行われるコロンビア戦でネイマールがブラジル代表のキャプテンマークを付けて出場する可能性が高くなってきた。ブラジルの複数メディアが報じた。

スポンサーリンク

ブラジル代表のキャプテンといえばこれまでチアゴ・シウバが長年不動のリーダーシップを築いてきたが、そのチアゴ・シウバは現在怪我で代表を離脱中。そこで白羽の矢が当てられたのはブラジルの10番だった。22歳と年齢は若いが、経験値はベテランそのもの。実力も影響力もチーム一といっても過言ではなく、誰も文句は言えないだろう。

ブラジルのエスタドン誌は、「ネイマールはワールドカップでキャプテンマークさえつけていなかったが、すでにキャプテンだった」と伝えたうえで、「チームが新しくなってからも大きなリーダシップを発揮している」とした。

また、ネイマールはロビーニョとの協力で、今回新たに代表に参加している新人選手に恒例の「しごき」を実施。選手たちが集合しているときに若手を前に出させて、強制的に歌を歌わせたり、冗談を言わせたりして、大笑いする一幕もあった。実力だけでなく、チームのムードメーカーにもなりつつあるネイマール。コロンビア戦でキャプテンマークを付けて戦う姿が見られるのだろうか。

MFのオスカルはネイマールについて、「彼のことは昔から知っている。みんな彼が有名だから彼のことばかり話すけど、彼は有名になっても昔から全然変わらないんだ。僕がサンパウロのユースにいたとき、彼はサントスのユースにいて、そのころからの付き合いだからコンビネーションはばっちりだよ」と、同年代だけにプレーもしやすいと強調した。

また、ネイマールが尊敬してやまないロビーニョは、「彼とプレーをしたくてしょうがなかった。サントスのときにも一緒にやるのは面白かった。代表でもやれて嬉しい」としたうえで、「ネイマールはサントス時代からリーダシップがあって、キャプテンになるための準備はできている」と、ネイマールの主将就任に太鼓判を押した。

ブラジル対コロンビア戦をTVで観戦する

ハメス・ロドリゲス「ブラジル戦はリベンジじゃない」

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブラジル代表
ネイマール・ファンサイト