バルサが開幕戦で完勝、ネイマールは欠場

kaimaku

FCバルセロナは24日、ホームのカンポ・ヌウにエルチェを迎え、開幕戦を行った。



スポンサーリンク


この日、ネイマールは踵の怪我のため欠場。代わってピッチに入ったのはネイマールのレギュラーポジションを脅かす18歳の超新星ムニルだ。バルサは前半から試合を支配。対するエルチェは下がり気味で守りを固める対照的な作戦に。序盤にバルサのムニルがペナルティーエリアの中から振り向きざまのシュートを放つも、ボールはバーに当たり、ゴールならず。しかし前半40分にはセルヒオ・ブスケツからのパスを受けたメッシが相手DFを交わしてゴール右隅に決めた。

前半終了間際、バルサは前線に飛び出した相手FWに対しマスチェラーノがシャツを引っ張るファウルを犯し、一発退場に。これで数的不利に立ったバルサだが、早いパス回しを武器に相手に付け入るスキを与えず。序盤には味方のロングパスを受けたムニルが左足で決めて加点した。さらに同17分にはダニエウ・アウヴェスからのパスを受けたメッシがDF3人をドリブルで交わし、最後はゴール左隅にボールを流し込んだ。試合は結局3対0でバルサの圧勝に終わった。