バルサ 外国人選手の数がスペイン人を上回る

bar2

2014/2015年シーズンに向け、次々とチームに補強選手を新たに加入させているFCバルセロナ。最近だけでもウルグアイ人のルイス・スアレス、クロアチア人のイヴァン・ラキティッチ、ベルギー人のトーマス・フェルメーレンを加えチーム内の「外国人人口」がついにスぺイン人のそれを上回った。



スポンサーリンク


現在バルサのトップチームにいる外国人の数は13人。それに対しスペイン人はわずか11人だ。バルサはこれまでメッシを始め、下部組織から育成を重ね、トップチームに多くの選手たちを押し上げてくるなど指導力が定評だったが、現在ユース年代から残っているのはメッシ、シャビ、イニエスタ、ピケ、セルヒオ・ブスケツ、ペドロの6人。その倍以上の数を外国のクラブから補強していることになる。前述のルイス・スアレス、イヴァン・ラキティッチ、トーマス・フェルメーレンのほかにもバルサはドイツ人GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン、チリ人GKクラウディオ・ブラーボ、フランス人DFジェレミー・マテューを加え、一気に6人の外国人がチームに増えており、すでにスペインのチームとは言えなくなってきている状況だ。

バルサのトップチームのメンバーは以下の通り

スペイン人

ホルディ・ロペス

マルティン・モントヤ

ホルディ・アルバ

バルトラ

ピケ

セルヒ・ロベルト

ブスケツ

シャビ

イニエスタ

ジェラール・デウロフェウ

ペドロ・ロドリゲス

外国人選手

ネイマール (ブラジル)

メッシ(アルゼンチン)

マスチェラーノ(アルゼンチン)

ルイス・スアレス(ウルグアイ)

ラフィーニャ・アルカンタラ(ブラジル)

ダニエウ・アウヴェス(ブラジル)

アドリアーノ(ブラジル)

クラウディオ・ブラーボ(チリ)

アレクサンドル・ソング(カメルーン)

イヴァン・ラキティッチ(クロアチア)

トーマス・フェルメーレン(ベルギー)

マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(ドイツ)

ジェレミー・マテュー(フランス)