ブラジル代表新監督は誰に? 最有力はあの人

この記事は 約3 分で読めます。

dunga2

フェリペ・スコラーリ監督がブラジル代表を去り、指揮官の席が空いたままのセレソン。その後釜に誰か入るのかが今注目されている。5人ほど候補が上がっているが、最有力と言われているのは予想外のあの人物だった。

スポンサーリンク

現在候補に挙がっているのはコリンチャンスを世界一に導いたチチ、長年ビッグクラブで指揮を執るムリシ・ラマーリョ、レアル・マドリードで指揮を執った経験を持つヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ、アトレチコ・ミネイロでリベルタドーレス杯優勝を果たしたクカ、そしてドイツワールドカップでブラジルを率いたドゥンガだ。

先日、サッカーファンを対象にブラジルの調査機関ダタフォーリャが行ったアンケートでは、チチが全体の24%の支持を集め、人気ナンバーワンに。2位はブラジルより海外で監督経験を多く積んでいるジーコの18%だった。3位はムリシ・ラマーリョの16%、4位は南アフリカ代表を率いたことのあるパレイラとヴァンデルレイ・ルシェンブルゴが6%で並んだ。また、同調査によると、ブラジル人の68%が外国人監督よりブラジル人監督を望んでいることが判明している。

国民の思いはチチに向いているが、5人の中で最も有力とされているのは実はドゥンガだ。ブラジル大手メディア、エスタドン紙によると、ブラジルサッカー連盟(CBF)ジョゼ・マリア・マリン会長とマルコ・ポーロ・デル・ネロ副会長がドゥンガのことを高く評価しており、猛プッシュしているとのことだ。一方でムリシ・ラマーリョは現在サンパウロFCで監督を務めていることから、代表監督就任にはそれほど乗り気でないことをメディアに明かしたばかり。また、チチは無所属でフリーの立場だが、今でもコリンチャンスとのつながり強く、 マルコ・ポーロ・デル・ネロ副会長がコリンチャンスのフロントと不仲のために可能性が低いとも伝えられている。クカに関して現在中国リーグの山東魯能泰山足球倶楽部(さんとう-ろのう-たいさん-)の指揮を執っているため現実的ではない。果たしてこのままドゥンガに決まってしまうのか。それとも予想外の展開になるのか。ブラジルサッカー連盟(CBF)は22日にも新監督を発表する意向だ。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブラジル代表
ネイマール・ファンサイト