世界最高峰リーグはドイツだった W杯で判明した衝撃の事実

bundes

これまで長い間、イタリアのセリエAやスペインのリーガエスパニョーラが世界最高峰のサッカーリーグと称されてきた中、ブラジルワールドカップ準決勝で最も選手たちを排出したリーグはドイツのブンデスリーガであることが判明した。

スポンサーサイト

準決勝に進出したブラジル、ドイツ、アルゼンチン、オランダの4チームの中でブンデスリーガのクラブに所属する選手の合計はなんと92人中21人、そのうち16人がドイツ代表の選手たちだ。最も多くの選手を準決勝に送り出したクラブは、バイエルン・ミュンヘンの9人。7人がドイツ代表、残りの二人がブラジル代表のダンテとオランダ代表のロッベンだ。クラブ別ではオランダリーグのフェイノールトも5人の選手が準決勝まで生き残っており、その全員がオランダ代表の選手である。

一方でイングランド、プレミアリーグがブンデスリーガに続いて2番目に多くの選手を準決勝に出しており、その数は合計で18人、そのうち7人がオランダ人だった。最も所属選手が多いクラブはチェルシーとマチェスターシティの4人だった。

なお、イタリア、セリエAの選手で準決勝まで残ったのは13人、スペインのリーガエスパニョーラの選手はわずか8人だけだった。

リーグ別、ワールドカップ準決勝の選手数

ドイツ、ブランデスリーグ 21人

イングランド、プレミアリーグ 18人

イタリア、セリエA 13人

オランダリーグ  10人

スペイン、リーガエスパニョーラ 8人

フランスリーグ、 5人

ブラジルリーグ 4人

アルゼンチンリーグ、3人

ポルトガルリーグ 3人

トルコリーグ 2人

ウクライナリーグ 2人

メキシコリーグ 1人

ロシアリーグ 1人

米メジャーリーグサッカー 1人