ネイマールの代理人がフェリペ・スコラーリ監督を猛烈批判

この記事は 約2 分で読めます。

nei

ネイマールの代理人を務めるヴァグネル・リベイロ氏が準決勝でドイツに敗退したブラジル代表のフェリペ・スコラーリ監督に対してツイッター上で激しく口撃し、話題となっている。

スポンサーリンク

ヴァグネル・リベイロ氏は自身のツイッターで、「ブラジル代表監督になるための6つの条件」と題したコメントを発表。その条件とは以下の通りだ。

vagner

「ブラジル代表監督になるための6つの条件」

1、ポルトガル代表の監督になり、まったく勝利しない。

2、チェルシーに移籍し、首にされる。

3、ウズベキスタンのクラブの監督になる。

4、ブラジルに帰り、ビッグクラブ(パルメイラス)で指揮を執り、2部に降格させる。

5、降格の汚名から逃げるためにリーグ戦終了の56日前に辞任する。

6、アホで、馬鹿で、偉そうな独裁的な年寄りになる。

ネイマールの代理人だけにこのツイートは多くの反響があり、大手メディアに一斉に取り上げられた。ヴァグネル・リベイロ氏はネイマールのほか、パリサンジェルマンのルーカスなど多くのサッカー選手の代理人を務めている。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ワールドカップ
ネイマール・ファンサイト