タイム誌の表紙飾ったネイマール、ブラジルではペレの批判が大反響に

この記事は 約3 分で読めます。

capa-neymar-time-size-598

ブラジルの至宝ネイマールが国際的知名度を誇る米の雑誌「タイム」の表紙を飾った。

スポンサーリンク

同誌はネイマールを「Next Pelé」と形容したうえで、ネイマールのコート内外での活躍を特集した。タイム誌は、ネイマールをめぐるマーケティングに触れ、ブラジル経済の成長、ワールドカップ、リオ五輪の開催にも言及している。ネイマールは同誌について、「比較しようもないペレと比べてもらったことを誇りに思う」とコメントした。

タイム誌に「次のペレ」と評価された一方で、ネイマールは今年に入ってからイングランドの選手から「過大評価されている」と批判されたほか、先日にはペレからも「代表では一般的の選手」との苦言を呈されている。

centenario-santos-futebol-20110613-23-size-598

「ネイマールは代表では一般的な選手。けれども我々が期待しているのはそんなものじゃない。特にサントスファンの我々としては彼に絶大な信頼を寄せている。代表では彼を中心に全てが動いているのに、普通に選手に甘んじている。国際的な経験がない。すばらしい選手だけれど、海外では経験が浅い。海外で全試合で彼はいいプレーができていない。その問題を解決しなくてはならないことはみんな思っていること。しかしそのプレッシャーを受ける準備もできていない。」

ペレはエスタード紙のインタビューに答え、ネイマールをこのように酷評したが、同紙が発売されるや否や各地で多くの反響を及ぼした。

最もペレのコメントに食いついたのはネイマール本人ではなく、ネイマールの代理人を務めるヴァグネル・ヒベイロ氏だった。いくら王様ペレとはいえ自分がマネージメントする大事な選手を批判されたヴァグネル氏は、「もしペレが現在プレーしていたら、ネイマールより下手だったろう。ペレの時代はディフェンダーはスピードがなかったし、フィジカルもできてなかった。だからこそペレはペレになれたんだ。今のディフェンダーは飛ぶように速い。それでもネイマールは世界一の選手になれる」とネイマールを擁護した。

ペレはネイマールの普段の行動についても一喝した。「ネイマールは自分のチームよりもメディアに出ることばかりに気を配っている。大きな責任を背負っているにも関わらず、ヘアスタイルのことばかり気にしている」。

これに対して、ヴァグネル氏は、「ペレは人のプライベートにまで踏み込むべきじゃない。そういう自分のプライベートこそが問題だらけじゃないか」としたうえで、「亡くなった娘サンドラ・ヘジーナさんを(長年)認知しなかったり、ネイマールのじゃなくて自分の家族の心配をしていればいい。自分の家族には一度だって愛情を注いでいない。これはただの嫉妬だ」と言い返した。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
プライベート
ネイマール・ファンサイト