2014/07/08

ネイマールの骨折後のインタビューが格好良すぎる

neimar

コロンビア戦で腰椎骨折の大けがを負ったネイマールが試合の翌日、ブラジル代表合宿施設のあるグランジャ・コマリにて初めて公に向けメッセージを配信した。ブラジルサッカー連盟がその模様を伝えている。



スポンサーリンク


ネイマールはうっすらと目に涙を浮かべたままカメラの前に姿を現した。両目は真っ赤で、痛み止めなどの薬を飲んでいるからか少しぼーっとしているようでもある。普段と比べても滑舌は明らかに悪かった。人生最大の夢の実現の前に起きた不慮のアクシデントを受け、しかしブラジルの10番はしっかりと自分の今の気持ちを自分の言葉でブラジルのサポーターに伝えた。

ネイマールのコメント全文

ブラジルのみんな、選手たち、スタッフ、サポーター、今はとても困難な状況で、自分の頭、心の中で何が起きているかを言うにも言葉が見つからないぐらいだよ。ただ、言いたいことは、僕はできるだけ早く復帰するということ。みんなが一番期待していないときにでも、いつの間にか戻っているだろう。みんなの僕に対するサポートと愛、それに僕に書いてくれたメッセージに感謝したい。ただ、僕の夢はまだ終わっていない、ということを言いたい。中断はしたけど、夢は続くんだ。僕のチームメイトが優勝するという僕の夢を叶えるためにいかなることでもしてくれると確信している。ワールドカップの決勝でプレーするのも僕の夢だったけど、今回は無理みたいだ。でも神様が望んでいるなら、今回僕らは勝利して、優勝するだろう。そのときは僕も彼らと一緒だよ。そして僕ら、ブラジル人はみんなで一緒に祝福するんだ。以上だよ。ありがとう。