世界各国のワールドカップTV視聴者数が異次元

tv-copa-do-mundo

FIFAは先日、ブラジルワールドカップ予選リーグ初戦の世界各国のTV視聴者数を明らかにした。



スポンサーリンク


FIFAによると、ブラジル、日本、ドイツ、英国、アルゼンチン、フランス、オランダ、クロアチア、イタリアなどが特に視聴者数が多く、ベルギーに関しては同国史上最大数を記録した。

また、比較的サッカー人気が低いアメリカ、カナダ、オーストラリアなどでも多くの視聴者を獲得、FIFAによる放映契約数は世界で160を超え、TV、モバイルサービス、ブロードバンド、ラジオを含むチャンネル数は合計で700を上回った。

世界各国のTV視聴者数は以下の通り

ブラジル対クロアチア

4290万人 ブラジルTV Globo

150万人 クロアチアHTV2

スペイン対オランダ

720万人 オランダ Ned1

930万人 英国BBC1

チリ対オーストラリア

230万人 オーストラリアSBS

日本対コートジボワール

3410万人 日本NHK

イングランド対イタリア

1420万人 英国BBC1

1280万人 イタリアRAI1

スイス対エクアドル

200万人 スイスSRG

フランス対ホンジュラス

1580万人 フランスTF1

アルゼンチン対ボスニア・ヘルツェゴビナ

690万人  アルゼンチンCanal7

ドイツ対ポルトガル

2640万人 ドイツARD

ガーナ対アメリカ

1110万人 米ESPN

480万人  米スペイン語チャンネルUnivision

ベルギー対アルジェリア

220万人 ベルギーCanvas

150万人 ベルギーRTBF1

ロシア対韓国

1140万人 韓国SBS、MBC、 KBS