W杯ブラジル代表合宿の全貌が分かる動画集

wcup
ワールドカップ・ブラジル代表は6日、セルビアとの親善試合を行う。本番に向けての最後の調整となるだけにどうしてもいい結果を出したいところ。そんな中、選手たちはさぞ緊張しているかと思いきや、合宿先では終始リラックスムード。さすが陽気なブラジル人ともいえる姿をカメラの前に披露している。

スポンサーサイト

今回紹介するのはブラジルサッカー連盟が撮影しているW杯ブラジル代表メンバーたちの舞台裏の姿。先日行われたパナマ戦のロッカールームでの選手たちの表情など貴重な瞬間を映している。選手たちは試合直前になっても音楽を聞いたり、携帯をいじったり、談笑したりと余裕そのもの。しかしいざピッチに入ると、その表情はがらっと変わり、戦士の顔になる。ブラジル人の切り替えのすごさが垣間見れる瞬間である。

パナマ戦の舞台裏

合宿先に到着した選手たちが最初に行ったのはメディカルチェック。続いてフィジカルチェックに移った。体全体を最大限使い、筋力を図る測定はさすがのプロ選手たちもきつそうな顔つきで臨んでいる。また、場所をジムに移してそれぞれがそれぞれのマシーンに座り筋トレをスタート。フィジカルトレーナーの掛け声とともに選手たちがウェイトを上げ下げして汗を流した。これまでブラジル代表は砂場で足を使ったフットバレーをしたりと、練習中にも遊び心が詰まっていて、選手たちからは笑顔が絶えない。選手たちはサッカーボールが蹴りたくて仕方がないといったように、ロッカールームでリフティングを始めたりもする。その辺りはサッカー好きの子供となんら変わりがない。

ブラジル代表合宿の風景

また、エルナネスの誕生日には、バースデイソングを選手たちみんなで歌ってあげるなど、大盛り上がり。食べ物や飲み物を囲んでふざけ合うなど、選手同士のコミュニケーションの良さがうかがえる。また、フッキがふざけて食器を割ってしまうと、選手たちはさらに盛り上がった。

エルナネスの誕生日

ブラジル代表合宿に使用されているのはブラジルワールドカップのために新たに建設されたグランジャ・コマリことブラジルサッカー連盟トレーニングセンターだ。リオデジャネイロ市の郊外に位置する同施設は豪華そのもの。練習の施設はもちろん、選手たちがリラックスできることを考えた最高の環境が用意されている。

ブラジル代表合宿施設のツアー