ブラジル大丈夫? W杯開幕戦の都市で地下鉄大パニック 

この記事は 約2 分で読めます。

metro

今日はちょっとショッキングな映像をお届け。20日、ブラジルワールドカップの開幕戦の開催地であるサンパウロ市内でバスの運転手によるストライキが行われ、バスに乗れなかった乗客が地下鉄に溢れかえる大パニックとなった。

スポンサーリンク

カメラが大騒動の瞬間を捉えたのは地下鉄イエローラインのピニェイロス駅のホーム。その光景はまさにおしくらまんじゅう。いや地獄絵図といっていい。我さきにと乗客が前に進もうとしたことで、乗客の中には圧迫されてか気絶者も出るほどの事態に。ちなみにワールドカップ開幕戦を始めサンパウロで行われる試合はこの地下鉄に乗ってコリンチャンス・イタケーラ駅で下車していくのが主な交通手段だ。もし試合日のタイミングで何かあったらと思うと、ぞっとする光景である。

ブラジルは最近になって各地で警察官までストライキに突入。治安の悪化が懸念されている。W杯で浮かれているかと思いきや、国民の多くがこのタイミングで政府に対する不満を爆発させようとしている。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ワールドカップ
ネイマール・ファンサイト