ダニエウ・アウヴェス、ネイマールに続け! 「僕らはみんな猿なんだ」運動が拡散

この記事は 約3 分で読めます。

saru9

FCバルセロナのブラジル人選手、ダニエル・アウヴェスが試合中に相手サポーターからバナナを投げられたことに抗議するためにネイマールがインスタグラムにアップしたバナナ画像が大反響を呼び、ブラジル国内のみならず海外の多くの人々までこの運動に参加する事態に発展した。

スポンサーリンク

事の発端はダニエル・アウヴェスがビジャレアル戦で相手サポーターからバナナを投げられたのに対し、これを拾って涼しい顔をして食べながらコーナーキックを蹴ったことにある。この姿に感動したネイマールがチームメイトが差別されたことに抗議するためにインスタグラムのアカウントに息子のダヴィ・ルーカ君とバナナを食べている画像をアップ、「SOMOS TODOS IGUAIS, SOMOS TODOS MACACOS. 僕らはみんな同じ人間。僕らはみんな猿なんだ」とコメントした。これにハッシュタグ、「#somostodosmacacos 僕らはみんな猿なんだ」を付けたことで、同じ日に同様の写真をアップする人々が続出。ネイマールパパはもちろん、テレビ司会者、サッカー選手、一般人、外国人などが差別撤廃を呼びかけた。

saru6

TV司会者アナマリーア

saru7

コリンチャンスの選手たち

saru4

ブラジルの人気TV司会者フッキと妻のアンジェリカ

saru5

ネイマールパパ

saru8

元ブラジル代表ロベルト・カルロス

saru10

イタリア代表バロテッリも参加

 

saru3

神様?

ついにはこれに便乗して、「僕らはみんな猿なんだ」Tシャツを販売しだす人まで登場する始末に。さすがに差別撲滅をうたいつつ金儲けをしようとするTシャツの販売元には批判が集まった。

saru

いずれにしろこの運動、今度さらに拡大しそうな勢いだ。賛同する人はぜひとも「#somostodosmacacos」のハッシュタグをつけてツイッターやインスタグラムのアカウントにバナナを食べる写真をアップしてみよう。ネットを通じて世界の輪が広がる瞬間が今そこに来ている。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
プライベート
ネイマール・ファンサイト