「バルサのことが最優先。W杯はその後だ」=怪我についてネイマールパパ

neu

W杯を目前にして左足に怪我を負ったネイマール。ブラジルの運命を左右する出来事だけに周囲は今気が気でない様子だ。そんな中、息子に代わってネイマールパパがメディアのインタビューに応じた。

スポンサーサイト

ネイマールパパは、「彼は今悲しんでるよ。何日もプレーできなくなるからね。」としたうえで、「長い間コートを離れるけど、彼は大丈夫だ。まずはバルサのことが最優先。W杯についてはその後だ」と強調した。

それもそのはずリーガエスパニョーラは残すところあと1か月あまり。それに対しW杯までには50日以上ある。まずは目の前にある目標を達成するのが順序というものなのだろう。ネイマールパパはこの状況は「決して簡単な状況ではない」としたうえで、「すぐにコートに復帰するのは難しいだろう」と怪我が思いのほか重症だとも取れるコメントをした。

一方、ネイマール本人は、「コートから離れるのは最悪なこと。練習もできず、試合にも出られないなんて。仲間たちがプレーしているのをなにもせずに見てるだけというのがなによりつらい。選手にとって最悪の気持ちだと思う。でも全ては神様の意思が決めること。治るといいし、できるだけ早く復帰したい」とコメントした。

ブラジル代表はW杯メンバーを5月7日に発表するが、全治4週間となると、その頃ネイマールはまだリハビリの最中だ。これによってコンディション不足を不安視して召集されないのではないか、といった憶測まで飛んでいる。果たしてブラジルの、そしてネイマールの運命やいかに。