バルサがACミランとドロー、ネイマールはゴールならず

この記事は 約2 分で読めます。

06robinhomilanbeijosafp

FCバルセロナは22日、ACミランとアウェイで対戦し、1対1のドローに終わった。

スポンサーリンク

この試合はネイマールにとって憧れの選手ロビーニョと初対戦となる記念試合。そのロビーニョが前半9分いきなり見せた。ロビーニョはバルサDFのパスを奪い、左サイドを上がったカカーにパス。これをカカーがロビーニョにリターンし、ロビーニョが落ち着いて決めた。ところが前半23分、今度はACミランのパスミスをバルサが奪い、イニエスタ、メッシとつないで、最後はメッシがフェイントをかけてタイミングをずらし、シュート。これがゴール右隅に突き刺さり、試合を同点とした。

ネイマールはこの日、前後半で1度決定的なチャンスを演出するも、ゴールにはつながらず。左サイドで孤立する場面が目立ち、試合途中でペドロ・ロドリゲスと交代。試合は結局1対1の引き分けとなった。

これによりバルサが2勝1分けで勝ち点を7とし、H組トップをキープ。ACミランが1勝2分けで勝ち点を5とし2位となった。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
クラブ
ネイマール・ファンサイト