メッシ&ネイマールコンビ復活もバルサ今季初無得点に終わる

この記事は 約2 分で読めます。

283qnmqd9obrj0bc8bl5b9qx6

FCバルセロナは19日、オスアナと対戦し、0対0のスコアレスドローに終わった。

スポンサーリンク

ネイマールはファブレガス、ペドロ・ロドリゲスらと共に攻撃を牽引。しかしディフェンシブな相手に思うようなプレーをやらせてもらえずボールに絡めない時間が続く。ときおりファブレガスがゴール前でボールを受け、シュートまで持っていくもジャストミートできずゴールは遠ざかるばかり。後半になると、バルサは怪我から復帰したメッシを投入。しかしコンディションが万全ではないメッシもこの日は精彩に欠くプレーが目立ちチャンスを作れず。それに対し、同じく怪我から7カ月ぶりに復帰したオスアナのDFプジョルは再三にわたり、ファインプレーを見せ、バルサの攻撃をストップ。試合は結局0対0の引き分けに終わった。

バルサは開幕から続いていた連勝が8でストップ。勝ち点は25となり、リーグ首位をなんとかキープした。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
クラブ
ネイマール・ファンサイト