ネイマールが練習復帰、フェリペ・スコラーリ監督は時差を不安視

この記事は 約2 分で読めます。

scolari_felipao_mowa01

10日、韓国での合宿中に腰を痛め、練習を離脱したネイマールが翌日通常通り合同練習に参加し、周囲に元気な姿を見せた。

スポンサーリンク

ネイマールは10日、チームドクターに付き添われるようにグランドを離れたため、韓国戦の欠場が囁かれていた。しかし11日の練習で復帰、いつもの切れのある動きを見せ、スタメン出場をアピールした。10日の練習では韓国五輪代表で元大宮アルディージャ(現広州恒大足球倶楽部所属)の金英權との対決も実現し、話題を集めた。

kinyonkwan

フェリピ・スコラーリ監督は韓国戦はコンフェデレーションズカップのメンバーを中心に戦うとしたうえで、「試合中に必要だと思ったら選手を交代させる。この2試合(韓国とザンビア戦)で観察したい点がいくつかある」と語った。

また、この時期にアジアで試合をすることに対し、「時差は最大の敵。ルーティンも変わるし、プレーも変わる。それによって選手たちのリズムが崩れる。そのせいで土曜日は相手に有利に働くだろう。選手たちには帰国後に十分にケアするようにと伝えている。じゃないと自分たちのクラブで悪影響が出るからだ」との考えを示した。

しかしその一方で、「要求は100%するし、あなたたち(メディア)も100%要求するべきだ。ロッカールームで選手たちにどれだけのことを求めればいいかはわかっている。ブラジルの国民のためには100%でやらなければならない」と悪条件でも結果を求めるとした。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブラジル代表
ネイマール・ファンサイト