「世界で最も優れたチームのひとつに来たからにはしょうがない」=ベンチスタートのネイマールについてダニエウ・アウヴェス

daniレバンテとの開幕戦を見事な勝利で飾ったFCバルセロナ。ネイマールのスタメンを望んだファンも多かったが、出場したのは後半18分からのわずか27分だった。

ベンチスタートが予想されていたものの、やはりメッシとネイマールのコンビプレーを待ち望んでいたファンとしては物足りなさが残る試合となった。本人もまた同じ気持ちだろう。



スポンサーリンク


チーム内で最もネイマールと仲が良いといわれている選手ダニエウ・アウヴェスはそんな新人の状況にコメントしている。

「彼が世界で最も優れたチームのひとつに来たからにはしょうがないこと。まずはクラブに順応しないといけない。イニエスタもベンチだったし、ほかの選手たちもそうだった。バルサは特別なチーム。22人の選手たちを使い分けないとならない。残念だけど、プレーできるのはそのうちの11人だけだ。ネイマールは毎日そのために準備し、自分の番を待つしかない。」

また、ダニエウ・アウヴェスは、「ネイマールはすでにチームに溶け込んでいる。チームメイトたちは彼のことを初日から歓迎してきた。思うに彼らはネイマールがこれまで出会ってきた中でも最高の選手たちであり、チームメイトだ。サッカーにおいてシンプルな姿勢で大きなことを達成した人たちだから」と語った。