2013/10/31

ネイマールがタイ戦で初ゴール

tai

FCバルセロナは7日、タイ代表と親善試合を行い、7対1で勝利した。



スポンサーリンク


ネイマールはこの日バルサで初のスタメン出場。試合は前半11分そのネイマールがゴール前でファブレガスからの早いパスに反応し、先制。同13分にはメッシがPKを決めて加点すると、ペドロ・ロドリゲス(19分)、メッシ(25分)、ペドロ・ロドリゲス(35分)と立て続けにゴールを量産、スコアを5対0とした。対するタイは前半終了間際にPKでなんとか1点を返した。

後半もバルサの怒涛の攻撃は続いた。同2分にはペドロ・ロドリゲスがハットトリックを達成。同4分にはアレクシス・サンチェスが決め、試合を7対1で終えた。

試合後、ヘラルド・マルティーノ監督は、「見ての通り、ネイマールとメッシはお互いを助け合える選手だ。一人がサイドにいれば、もう一人は中央にいる。完璧だ。(二人の間に)理解の問題など存在しない」と、新黄金コンビを絶賛した。

10日にはマレーシア代表との試合を控えているバルサ。ネイマールのフル出場が期待されるが、それについて、ヘラルド・マルティーノ監督は、「ネイマールはまだまだこれからよくなっていく。ただ、次の試合で45分以上プレーすることはないだろう。重要なのは少しずつ順応していくことと、彼がリラックスしてやれることだ」と、フル出場はさせない意向を明かした。