「メッシとプレーすることがバルサに移籍を決めたひとつの理由」=ネイマール

この記事は 約2 分で読めます。

neymar_efe3

ネイマールは先日、パナソニックと新たなスポンサーを契約を結び、同社のイベントに参加した。

スポンサーリンク

ネイマールは2010年からパナソニックとスポンサー契約を結んでおり、今回はそれを更新する形となった。契約期間は2017年の3月まで。なお、契約金などは明らかにされていない。

同社のイベントでネイマールは、メディアのインタビューに応じ、「メッシと一緒にプレーできることに大きな期待を抱いている」としたうえで、「ほかの選手たちともいいパートナーになれればいい。そして歴史を築きたい。そのための条件は揃っている。世界一の選手とプレーできるのは光栄なことで、自分の夢。メッシとプレーすることがバルサに移籍を決めたひとつの理由なんだ。神様がくれたチャンスだと思っている」と、バルサに移籍を決めたのはメッシの存在が大きかったことを明かした。

バルサのユニフォームを着てのデビュー戦となるのは8月2日に行われる古巣サントスとの親善試合。ネイマールがゴールを決めたらいつもの「喜びのダンス」が見られそうだが、それについては、「メッシが一緒に踊ってくれるかは分からない。知ってると思うけど、彼はそんなにふざける人じゃないから。でももし踊ってくれたら、みんな喜ぶだろうね」とコメントした。

また、コンフェデレーションズカップ後、スペイン代表であり、チームメイトのピケと言葉を交わしたことを明らかにしたうえで、「選手たちと少し試合中と試合後に話をした。ピケとも話したんだ。特に彼とは一番話した。(決勝戦で)退場になったプレーのこともあったからね。彼は『ようこそ、バルセロナに』って言ったよ」と裏話を披露した。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
クラブ
ネイマール・ファンサイト