家族、代表スタッフもネイマールのバルサ移籍を応援

rotatesae_x4_11345164419

ブラジル代表スタッフで、元南アフリカ代表などを率いた経験のあるカルロス・アウベルト・パレイラがネイマールのバルセロナ移籍についてコメントした。パレイラは早くからネイマールの移籍報道が過熱しすぎていたことを不安視してきた一人。ようやく決着のついたネイマールの移籍問題に人一倍ほっとした様子だ。

スポンサーサイト

「ネイマールは向こう(バルセロナ)でサッカーを覚えるわけじゃない。ただ、上達はするだろう。一回り成長し、戦術、そしてチームプレーが向上する。大事なのは本質を忘れないことだ」。

パレイラ以外では代表のフィジカルコーチを務めるパウロ・パイションもネイマールの移籍を歓迎。ネイマールの体を良く知るコーチは、「彼は過去2年間最も活躍した選手。(そんな選手を育てた)サントスを祝福したい。彼はまだ若い選手。サッカーが大好きで、いつもやる気に満ちているから成功するだろう」としたうえで、「これまで大きな怪我をしなかったのはすごい」と評価した。

バルサ移籍を応援しているのはなにも代表スタッフだけじゃない。家族からもネイマールは最大限のバックアップを受ける。すでに妹のラファエラ・ベッカムと母のナジーニさんはバルセロナ入りしており、家族全員ですペインに移住する計画だ。スペインのスポルト紙によると、二人はバルセロナ市内の海辺沿いにある高級住宅を探しているという。広さはなんと500㎡を希望。元バルサのロマーリオやロナウジーニョも海辺の高級住宅に住んでいたことがあり、往年の名選手たちと同じ生活を送る意向だ。しかしながら最後に住居の決断を下すのはネイマールとネイマールパパの二人だという。