ネイマールがバルサと正式に契約、サントスでの最終戦では号泣

この記事は 約2 分で読めます。

neymar_chorar

ネイマールが27日、ついに正式にFCバルセロナと契約を結んだ。ブラジルの複数メディアが報じた。

スポンサーリンク

契約期間は5年。エスタード・デ・サンパウロ紙によれば、移籍金はサントスに推定2800万ユーロ(約37億円)、その他ネイマールの権利を持っているネイマールの家族、マネージメント会社、代理人らに合計3200万ユーロ(42億円)が支払われ、支払い総額は6000万ユーロ(約79億円)に達するという。また、年俸は700万ユーロ(約9億円)になる見込みだ。

契約書を交わす際にはネイマールファミリーが経営するマネージメント会社NRスポーツのオフィスにバルサのラウル・サンジェイ理事、ネイマール本人、ネイマールパパ、代理人のヴァグネル・リベイロが出席したほか、恋人のブルーナ・マルケジーニまで付き添った。

契約書にサインした後、ネイマールは「昨日は遅くに寝た。あまり眠れなかったんだ」とさすがに緊張していた様子だった。気になる背番号については、「どうなるか分からない。僕は余っているのを着るだけ。何番でもいい」とこだわりを見せなかった。

前日の26日にはフラメンゴを相手にサントスのユニフォームを着てのラストマッチが行われた。そこでネイマールは試合前に感極まって号泣。試合は両チーム単調な攻防に終始し0対0の引き分けに終わったが、ネイマールは試合後サントス愛を口にし、サポーターに何度も感謝の気持ちを伝えた。

バルセロナでの入団会見は6月4日を予定。2日にはブラジル対イングランドとの親善試合を控えており、試合後すぐにスペインに向けて出発、5日にはコンフェデレーションズカップに向けた代表の練習があるためブラジルに舞い戻るという強硬日程だ。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
移籍
ネイマール・ファンサイト