「代表に確保された席なんてない」=ネイマール

neymar_1

ブラジル代表は24日、チリ代表とミナス・ジェライス州ベロ・オリゾンチ市で親善試合を行う。これがブラジル代表にとって6月15日に開幕するコンフェデレーションズカップに向けた最後の実戦となる。

スポンサーサイト

すでに現地入りしたネイマールは記者からコンフェデレーションズカップやワールドカップ出場が決定しているかのような質問を受けると、「みんな僕が代表に確定しているみたいに言うけれど、代表には複数のクラッキ(名選手)がいる。」としたうえで、「代表に確保された席なんてない」と、ポジション争いの厳しさを口にした。

また、ネイマールは「有名かどうかじゃなくて、(代表では)全選手頑張らないといけないし、最大限の力を発揮しないければならないんだ」と強調した。また、チリ戦の会場がワールドカップの会場となることについては、「ワールドカップのスタジアムでプレーするのは特別なこと。それだけで選手にとっては満足だし、光栄だ。(チリ戦は)ワールドカップの雰囲気の中でプレーすることになる」と語った。

一方、フェリペ・スコラーリ監督は、「ネイマールはサッカー選手としても、アスリートとしてもすばらしい人材。戦術的にもとても従順な選手で、サイドの選手をマークしに戻ったりもすれば、相手ボランチを追いかけたりもする」と評価した。この時期ブラジルで頻繁に議論されるのは代表にロナウジーニョを呼ぶべきか、カカーを呼ぶべきかということだが、それについては、「(二人が)一緒にプレーする可能性は少ない」としたうえで「90%その可能性はない」と、どちらか一人を選ぶ意向を示した。