サントスがペナポレンセに勝利、ネイマールは1アシスト

この記事は 約2 分で読めます。

neymar

サントスは21日、サンパウロ州選手権でペナポレンセとホームで対戦し、2対1で接戦をものにした。

スポンサーリンク

試合は前半27分、サントスが華麗なパス回しからネイマール、アンドレとつなぎ、最後はアンドレが倒れこみながらシュート。これがゴールに突き刺さり試合を動かした。続く同29分にもサントスはコーナーキックからのセンターリングをペナポレンセGKが対処しきれず、こぼれたところをシセロが無人のゴールに押し込んだ。対するペナポレンセは後半33分、ゴール前でパスを受けたグアルーがゴール左隅を狙ってシュート。ボールは枠を外れるかと思われたが、サントスディフェンダー、ガリャルドの足に当たってネットを揺らした。試合は2対1でサントスに軍配が挙がった。

これによりサントスは勝ち点を39とし3位でサンパウロ州選手権準々決勝進出を決めた。準々決勝の相手は6位のパルメイラスとなっている。サントスはブラジルカップを含めると公式戦13戦無敗をキープしている。

ネイマールは試合後、「これから(準決勝)はサンパウロ州選手権(ファーストステージ)のこれまでの結果は関係なくなる。もう全ては過ぎたことだ」と、負けたら即敗退のトーナメントとなる準々決勝に照準を合わせた。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
クラブ
ネイマール・ファンサイト