ネイマール、デンマーク戦について「やるべきことをやれた」

この記事は 約2 分で読めます。

nei

リオ五輪開幕から2試合連続無得点となり、批判が集中していたネイマール。しかしデンマーク戦では4得点で圧勝し、主将の役割を大いに果たした。試合後、ブラジルの10番がインタビューに応じている。

スポンサーリンク

これまで試合後のインタビューで無言を貫いてきたネイマールは、「今日の試合には満足している。僕らが本来やるべきことをやれた。自分たちのサッカーを見せられたと思う。みんなが喜んでくれたのが何よりも大事なこと」と、素直に喜びを口にした。

また、無失点が続いたことで厳しく批判されていたことについては、「批判には慣れているし、気にしていない。大事なのはチームが向上しているかどうかだけ。コート外のことで汚染されるべきではない。なぜならときに批判は悪意があるから」と、聞かないようにしているとした。

一方で、「それでも悲しくはなる。特に批判が建設的ではなく、悪意のあるものだったらそうだ。みんな悲しくなっていた。ただ、それもサッカーの一部だからしょうがない」と、批判によって精神的なプレッシャーがあったことを明かした。

さらにネイマールは「みんなには応援してほしい。もし批判するなら建設的な批判をしてもらいたい」と、メディアやサポーターの支持を促した。

女子サッカーブラジル代表のマルタのほうがネイマールより上手いといった批判があったが、それについては「マルタは偉大なクラッキで世界最優秀選手。彼女がブラジル人であること、ブラジルを代表していることに僕は誇りに思う。女子が金メダルを獲ってくれるといいし、応援している。彼女と比較されたことを知っているけど、世界一の選手と比較されて嬉しいよ」と、大人の対応をした。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
リオ五輪
ネイマール・ファンサイト