ネイマール、ボリビア戦で2ゴールの大活躍

この記事は 約2 分で読めます。

13096377

ブラジル代表は6日、ボリビアのサンタ・クルスでボリビア代表との親善試合に臨み、4対0で完勝した。

スポンサーリンク

ブラジルは前半3分、ジャジソン、ジアンとつなげて最後はゴール前にいたレアンドロ・ダミアンに。これをレアンドロ・ダミアンがスライディングしながらゴールに押しこみ先制した。続いて同30分にはロナウジーニョのからの浮き球をネイマールがヒールでトラップし、GKが前に出てきたところに合わせて技ありゴールをマークした。さらにネイマールは同41分、ジャジソンからのセンターリングをどんぴしゃで合わせて2点目を奪取した。

neymar-ap

ブラジルは後半ネイマールとレアンドロ・ダミアンを外し、代わりにオズヴァウドとパトを投入。後半46分には素早いパス回しからレアンドロがゴール前に飛び出し落ち着いてシュート、スコアを4対0とした。

実はこの試合、今年2月に行われたブラジルのコリンチャンスとボリビアのサンホセによるリベルタドーレスカップの試合中に死亡したサポーター、ケビン・ベルトラン・エスパーダ君(14歳)の追悼イベントとして開催された。ケビン君は試合中コリンチャンスサポーターが放った船舶用の発炎筒(信号紅炎)を顔に受け、試合会場で即死した。

今回、追悼イベントとして同試合が開催されることにケビン君の家族を始め、サントスのムリシ・ラマーリョ監督からもケビン君の死を商業利用している「政治的な試合」といった批判が上がっており、ネイマールの招集にも反対していた。

その一方でネイマールは「自分はそういった話に介入するつもりはなく、ただ代表で試合がすることを光栄に思う。自分の最高の仕事をして、チームに貢献できればいい」と話していた。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブラジル代表
ネイマール・ファンサイト