ネイマールがマダム・タッソー館に蝋人形を展示

この記事は 約2 分で読めます。

Madame-Tussauds

ネイマールが米・フロリダ州オーランドにある観光名所マダム・タッソー館に自身の蝋人形を展示することが分かった。

スポンサーリンク

マダム・タッソー館とは、蝋人形彫刻家マリー・タッソーがロンドンに設立した蝋人形館で、ビートルズ、チャップリン、マイケル・ジャクソンといった世界各国の有名人の蝋人形が展示されていることで知られている。

今回ネイマールが展示されるのはロンドンではなく、アメリカのオーランド支店。これまでサッカー選手ではペレ、ロナウジーニョなどの蝋人形がマダム・タッソー館によって製作されており、ブラジル人としては史上3人目となる。

また、サッカー選手以外ではタイガー・ウッズ、ミハエル・シューマッハ、モハメド・アリといった各スポーツのカリスマたちとネイマールが肩を並べることになる。

ネイマールは自身の蝋人形が展示されることについて、「この特別な瞬間を過ごすことができてとても光栄。マダム・タッソー館のすばらしいスタッフに蝋人形を作ってもらえて嬉しい。オーランドで僕の”双子”と世界中の人々が出会えることが楽しみです」とコメントした。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサー
ネイマール・ファンサイト