ドゥンガがアルゼンチン&ペルー戦のメンバーを発表、ネイマールが復帰へ

argentina

ドゥンガ監督は22日、W杯ロシア大会の南米予選アルゼンチン、ペルー戦に向けたメンバーを発表。出場停止が解けたネイマールの復帰はもちろんコリンチャンスから4選手が選ばれるサプライズがあった。

スポンサーサイト

ブラジル代表は11月12日にブエノス・アイレスでアルゼンチンと激突。17日にはブラジルのサルバドールでペルーを迎える。これに向けてドゥンガ監督は23選手をリストアップ、ネイマールの他、FWにはサントスからリカルド・オリベイラ、ゼニト・サンクトペテルブルクからフッキが選ばれている。

また、GKのカシオ、DFのジルベルト、MFのレナト・アウグスト、同じくMFのエリアスはそれぞれコリンチャンスから招集された。ちなみにコリンチャンスは現在ブラジル選手権でダントツで首位につけており、選手たちは絶好調。果たして彼らがブラジル代表にどういったスパイスを与えるのかが注目だ。

ドゥンガ監督は「アルゼンチンで試合をするときはいつだって戦争だ。大会がどうとか関係なく、最大のライバルで、いつも難しい試合になる。しっかりと作戦を練った試合をしないといけないし、ひとつひとつのプレーが試合を左右することになる。ブラジルは集中して、最大限の準備をしていかないといけない」と意気込みを語った。

毎試合メンバーが目まぐるしく入れ替わるチームについては、「もしある選手が席を空けたら誰かがすぐそこに座ることになるだろう。もし他の誰かがいいプレーをしたらその選手が継続することになる。だからこそ集中してやらないといけないんだ。代表でやる責任はそれだけ大きいから」と、熾烈なポジション争いについて言及した。

ネイマールについては「最初の2試合でネイマールが欠場したけれど、今回彼が戻ってくるのを嬉しく思う。それによって我々のポテンシャルは増加することは間違いない」としたうえで、「すでにアルゼンチンの試合を研究している。どんなタイプの選手が彼らに上手く対応できるのか、我々には様々なオプションがある」と自信を見せた。

アルゼンチン、ペルー戦のメンバーは以下の通り

GK
ジェフェルソン(ボタフォゴ)
アリソン (インテルナショナル)
カシオ (コリンチャンス)

DF
ダヴィド・ルイス(PSG)
ミランダ(インテル)
マルキーニョス(PSG)
ジルベルト(コリンチャンス)

SB
フェリペ・ルイス(チェルシー)
ダニーロ(レアル・マドリード)
マルセロ(レアル・マドリード)
ダニエウ・アウヴェス(FCバルセロナ)

MF
ルイス・グスタヴォ(ヴォルフスブルク)
フェルナンジーニョ(マンチェスターシティ)
レナト・アウグスト(コリンチャンス)
エリアス(コリンチャンス)
オスカル(チェルシー)
ルーカス・リマ(サントス)
ウィリアン(チェルシー)
カカ(オーランド・シティ)
ドグラス・コスタ(バイエルン)

FW
ネイマール(FCバルセロナ)
フッキ(ゼニト・サンクトペテルブルク)
リカルド・オリベイラ(サントス)