ネイマールがブラジル代表に対する熱い思いを語る

Neymar

ネイマールが先日、まもなくスタートするロシアW杯南米予選やブラジル代表についてのインタビューに応じた。



スポンサーリンク


最後にブラジル代表から外れたのはいつだか覚えていますか?

覚えていないよ(笑)。ありがたいことにいつも代表に呼ばれてきたからね。今回は出場停止で呼ばれなかったけど、すぐにまた復帰するよ。

最後にあなたが代表選手に選出されなかったのは、マーノ・メネゼス監督時代の2011年。ガボン代表とエジプト代表の親善試合のときです。あのときは海外組だけが召集され、あなたはまだサントスにいたので呼ばれませんでした。

ああ、そうだ。

今のブラジル代表はネイマールに頼っている、というのは間違いないですか?

いや、それは違うと思う。もし冷静に考えれば、他の選手たちもクオリティーが高く、欧州のトップチームで、みんなレギュラーでやっていることが分かるはず。だからブラジル代表は僕一人に頼っている、ということではない。みんなに頼っているんだよ。人によっては重い責任を背負う選手もいるし、決定的なプレーをする選手もいる。僕だってチームメイトみんなに頼っているし、みんなも僕に頼っている。まだまだみんなが上手くならないといけないし、目標を達成できるようにしていかないといけないんだ。

でも、あなたはマーノ・メネゼス時代も、フェリペ・スコラーリ時代も、そして今のドゥンガ時代も全て一番点を取っています。

どの監督のときにも数字を出せて嬉しいよ(笑)。でもまだまだ代表に貢献したいし、チームメイトのことも助けたいんだ。

あなたが今言ったように、決定的なプレーをする選手があなただとしたら、それは頼ることになりませんか?

もし一人決定的なプレーをする選手がいたら、その選手はゴールを決めるべきなんだ。例えばバルセロナではメッシがそうだ。彼はいつだってチームの得点王だ。でもだからといって彼が一人でプレーしている、ということではない。彼に試合を決めてもらえるように僕らは助けるんだ。ブラジル代表もそれは同じこと。もちろんチームメイトとの関係性にもよるけどね。

コスタリカ、アメリカ戦でチアゴ・シウバが代表から外れ、クラブとの両立の難しさを話していました。南米予選(出場停止の試合)のときはあなたはバルセロナで練習するのでしょうか、それともブラジル代表の練習に参加するのでしょうか?

ここ(バルセロ案)で練習するよ。自分のフィジカルトレーナーもいるし、リズムを落とさないためにもここでハードにやろうと思う。自分が望んだことじゃないけど(試合に出られない)今後数週間は自分にとって次の試合に向けた準備ができるのでいいと思う。

ドゥンガ監督は、サイドバックにラフィーニャ(バイエルン・ミュンヘン)を初めて招集しましたが、彼はドイツに帰化する可能性もあるということで辞退しました。同じくバイエルンのティアゴ・アルカンタラもスペイン代表を選びましたが、このような状況をどう思いますか?

それは個人的な問題だから。それぞれに自分の思いと、目標があると思う。僕は個人的に自分の国だからブラジルを選択しただけだよ。だって昔から代表のためにプレーしたかったし、セレソンのユニフォームを着るのは自分にとっては光栄なことだから。

ブラジルでは国内リーグも代表も監督の入れ替わりが激しいです。5年弱でもう3人の代表監督が入れ替わっています。短い期間しか同じ監督と一緒にやれないことは選手にとっても悪影響でしょうか?

そうだと思うよ。ブラジルが変えないといけないことだね。誰にだってある程度の時間は必要だから。監督だってもっと時間をかけて計画を立て、選手たちを知っていき、一緒に成長できるような環境が必要だって考えるようにしないといけない。

ブラジル選手権は観戦していますか?

少しだけだね。こっちで試合が遅くにあったりするし、自分もプレーするから、結果とかゴールのハイライトとかしか見られないんだ。

サントスのスタッフとはまだ話したりしますか? (期待の新人)ガブリエルのことは気にかけてますか?

すでに言ったように少ししかブラジルのサッカーは見れてないからね。ガブリエルのことはチェックしてるし、サントスにも友達がいるから連絡は取ったりするけど。

UEFAスーパーカップ決勝、スーペルコパ・デ・エスパーニャ決勝を欠場しましたが、今まではほとんどの主要大会の決勝には出場し、ゴールを挙げてきましたよね。出場したけれどゴールを決めていないのは世界クラブ選手権と五輪ぐらいですね。それについてはどう思いますか?

大会の決勝に出られないというのはすごく嫌なことなんだ。それらの大会には病気で出られなかったんだけど、先には世界クラブ選手権や五輪もある。そこではいいプレーをして、タイトルを獲れたらと思っている。